いのちを見つめる3歳4歳

久しぶりにうりぼうたちも黒島海浜公園へ

 

ピンクの桜が満開桜

 

 

たまごかな?

 

 

 

カニを探しに行った4歳Aが戻ってきて

「黒い鳥が死んどった」

 

3歳二人MとSも、それを確認に行く。

 

「黒いね」

「ここ、怪我してる」

「首が長い」

 

S「触ってみる?」

M「触ったらだめよ」

A「バイキンとかいるかもしれんから触らんほうがいい」

S「そっか」

 

A「石乗せる?」 

(ナゼ…?)

スタッフ「石のお布団、痛くないかな?」 

M「砂かける?」 

(↑Sが朝、「寒かったら砂を足にかける」

  って言ってたな)

S「目に入ったら痛いよ」 

A「じゃあ顔から下?」 

 

持っていたビンでくちばしをつついてみるA

「くちばし、かたい!!!」

それを見て棒でしっぽに触れるM

 

M「治るかなぁ?」

A「死んだ人は生き返らんのよ」

MとS「もうお母さんの鳥にもパパの鳥にも会えないね」

A「もう大きいけん大人やない」

S「じゃあおねえちゃんかな?」

スタッフ「先に死んでいった仲間の鳥さんのとこに行けるかな?」

A「潮が満ちてきたら、海にかえるんちゃうん?魚に食べられるかな?くじら?」

(↑私の聞き間違いかと思ったけど、

 もう一度「かえる」という言葉を使ってた)

スタッフ「魚の命になるかな?」

 

そんだけ話したら、さーっと次の遊びへ移りました

 

 

亡くなったあと、埋葬するとか火葬するとか

魂はどうなるのか

それに捕食の関係とか…

 

そんなことを知識として知らない子どもたちが

一生懸命考えた

いのちのそのあと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です